「作業手順書の作り方」研修
「作業手順書の作り方」研修
 誰もが「安全に、よい品質の製品を、能率よく」生産するためには、最も適切な作業の手順やポイント、必要な知識や過去の失敗事例などを明記した作業手順書を定め、随時見直すことで、より最適なものへと更新していくことが求められます。
 また作業手順書は、労働災害や品質事故を防ぐための手順やルールが明記されたものであり、「作業手順書がない=決まり(ルール)がない」とも言えます。
 本研修では、講義と実習(実際に作業手順書を作成していただきます)を通して、作業手順書の作り方を身につけていただきます。
 作業手順書(作業の手順とルール)は業種を問わずあらゆる作業に必要ですので、業種・職種を問わず、ご関心のあるすべての方のご参加をお待ちしています。

【ご案内】
  http://www.romu-trust.com/files/sagyou-tezyunnsyo270618.pdf

【お申込み】
 ・FAX又はメールにてお願いいたします。
 

平成27年6月18日(木)
13時00分〜17時00分
(終了しました)

「作業手順書の作り方」研修
■主催:合資会社京都労務トラスト
(財)京都中小企業振興センター            
    2階 第3会議室
京都産業会館(きらっとプラザ)2階

【研修内容】
 (1)作業手順書とは何か
 (2)作業手順書の必要性〜「誰がやっても、安全に、正しく、能率よく」
 (3)作業手順書の重要性〜「作業手順書がないのは、ルールがないに等しい」
 (4)作業手順書と労働災害の防止
 (5)作業手順書と品質事故の防止
 (6)作業手順書と教育〜新入社員教育や配置転換時教育等に活かす
 (7)身近な作業を作業手順書に書き換える
 (8)実習 作業手順書を作成する
 (9)質疑応答
 
 
 
 
 
 
 
お問合せ
合資会社 京都労務トラスト
〒604−8156
京都市中京区室町通錦小路上る
山伏山町558番地
三洋室町ビル503号
TEL:075-213-6986
FAX:075-213-6987
メールでのお問合せ